院内

特徴と治療方法

酸素マスクをつける女性

胆のうは肝臓の下のところにあり、胆汁が蓄積されています。人間は食べ物を摂取すると胆汁を分泌し、消化吸収を良くします。こうした機能があるのが胆のうであり、そこにできる腫瘍を胆のうがんと言います。胆のうがんが起きる要因は肥満、メタボリックシンドローム、ビタミン不足などをきっかけとして発生することがあります。胆のうがんは、一般的ながんと同じように、他の内臓にも波及する可能性がありますので、治療は早急に行う必要があります。また、胆のうがんは合併症が起こる可能性もあります。たとえば、胆石や胆のう炎があります。こうしたことから、胆のうがんはメスを使って切除するか免疫細胞療法によって直接的に体内から取り除かなければいけません。

胆のうがんの治療方法として最も一般的なものは外科手術です。がんを直接取り除くことで他の部位に転移することを防ぎます。そうして、がんそのものを切除することができますので、最も広く行われています。また、最近は免疫細胞療法という治療方法も登場しています。身体の中に存在する免疫細胞を増やすことで、免疫機能を向上させます。そうして、がんを治療し、なおかつ転移も防ぐことができます。メスを行うことなく治療することができますので、特に女性に人気の高いがん療法です。他にも、抗がん剤を使ってがん細胞が増えることを抑制する方法もあります。これらの3つの治療方法が三大がん療法といわれているものです。いずれも副作用はございません。