医者

ガンの予防に検診を受ける

医療機器

女性に起こると言われる乳がんについては、毎年のガン検診によって予防ができます。 女性の大事な部分である胸をなくさないためにも、かならず受けておきたい検査と言えます。 自治体や病院で、エコー検査とマンモグラフィーを実施しています。

Read More >>

特徴と治療方法

酸素マスクをつける女性

胆のうは消化吸収を助けてくれる臓器ですが、そこに悪性の腫瘍ができることを胆のうがんと言います。その解決方法には、メスによる切除方法、免疫細胞療法、抗がん剤療法の3つがあります。いずれも副作用はございません。

Read More >>

直腸のがんとは

患者の手を握る看護師

直腸がんは大腸がんの一つです。便秘、下痢、鮮血便などの症状が出現します。内科での検査、確定診断を受けたのち、外科的手術治療が行われます。手術と併用して化学療法、放射線療法も行います。新たに陽子線や重粒子線治療なども行われるようになりました。早期発見にて予後が良いため、検診を受けることが大切です。

Read More >>

予防、早期発見の心得

つらい疾患から回復するための方法をチェックしよう。肝臓がんに関する情報ならコチラが参考になるのでオススメです。

発症率は減少

花束を渡す男性

肝臓がんの発症率は、近年、減少傾向にあります。男女別でみると、男性の減少具合の方が大きく、女性は僅かに減少しているといった状況です。もっとも、そうであっても肝臓がんの発症率は女性に比べて男性の方が格段に高い状況です。どうして、発症率が減少傾向にあるかというと、医療環境が整備されたからです。肝臓がんの発症の多くが、B型、C型肝炎ウィルス感染が原因です。昔の医療現場では、注射針等の使いまわしが頻繁に行われていましたので、注射や輸血、献血等からB型、C型ウィルスに感染してしまうことが多くありました。しかし、現在の医療現場では衛生面を徹底的に管理していますので、B型、C型肝炎ウィルスに感染することはなく、それ故に肝臓がんの発症率が低下しているのです。発症率は、今後も減少することが予想されます。

医療機関で確認

肝臓がんの主な原因となるB型、C型肝炎の感染は、意外と身近にあることが多いです。例えば、若者に人気のタトゥー(入れ墨)を入れる際に感染してしまうこともあります。従って、定期的に医療機関で血液検査を受ける必要があると言えます。また、肝臓がんは慢性肝炎や肝硬変といった肝臓病から発展する病気でもあります。肝臓病に深く関係しているのは飲酒ですので、飲酒をする機会の多い人は、定期的に検診を受けるべきだと言えます。肝臓がんは初期段階では自覚症状がない病気ですから、予防、あるいは早期発見のためには、医療機関を受診する必要があります。